アフリカに行きたいけれど不安しかない・・・そんな人のためのボツワナ共和国
テロ脅威レベル低、予防接種不要、中所得国です

アフリカって治安悪いんじゃないの?

ボツワナは世界平和度指数ランキング28位、
フランスやイギリスより高い評価を得ています。
ボツワナにいらした方々が最初にびっくりされるのが路上に物乞いがいないこと。そう、ボツワナは中所得国なんです。建国直後に発見されたダイヤモンド鉱山の収益を公共福祉にあてることで発展してきました。歴史的にも紛争や戦争、人種隔離政策などを経験したことがなくとても穏やかな国民性の国です。もちろん、日本に比べたら危険な場所もありますが、世界平和度指数ランキングでは例年上位にランクインしており、2016年ボツワナは163ヶ国中28位にランクされ、海外旅行先としてメジャーなフランス(46位)やイギリス(47位)より高評価を得ています。アフリカの中では2位で、サファリが有名なタンザニアは58位、南アフリカは126位、ケニアは131位となっており、サファリできる国の中でボツワナは上位です。 ※参考:世界経済のネタ帳 平和度指数ランキング2016

予防接種とかわざわざするのは面倒。
お金も時間もかかります。


ボツワナは入国の際に予防接種は必要ありません。
入国の際にイエローカードという黄熱病の予防接種を受けた証明書が必要になる国があります。サファリが有名なケニアやウガンダは国内の感染状況によっては入国の際にこの証明書のチェックが入るようです。黄熱病について、ボツワナは感染国とはなっておらず、渡航の際に予防接種は必要ありません。(日本で予防接種を受けると特定の病院でしかできない上、1万円前後の費用がかかります。) ※参考:厚生労働省検疫所 黄熱病 そのほかの病気ですが厚生労働省のサイトでも短期滞在者に推奨する南部アフリカの予防接種はA型肝炎程度です。※参考:厚生労働省 海外渡航のためのワクチン
写真は(左)ボツワナのカズングラ国境、(中央・右)ボツワナの地方病院です。

現地で病気にかかるのは怖いです。

注意すべきことを注意していれば、
まず大丈夫です。
具体的にはHIV/AIDS、マラリアや住血吸虫などでしょう。
HIV/AIDSはボツワナでは4人に1人が感染しているという状況ではありますが、感染経路は特定されているので、気をつけていればまず旅行中での感染は起こりません。※参考:STD研究所 マラリアですが、北部地域が感染地帯となっているものの、感染は主に現地在住者で、旅行者の感染は殆ど耳にしません。※参考:厚生労働省検疫所 マラリア 住血吸虫についてはボツワナでの汚染地帯は確認されていません。主な感染地帯は北部、西部、中部アフリカや南部ではマラウイなど、湖や川などに入らなければ感染することはまずなく、ボツワナの水辺はクロコダイルやカバなどの危険動物がそもそも多く、ガイド無しで近づくことはできません。※参考:国立感染症研究所
いずれも絶対に大丈夫とまでは言い切れませんが、旅行者が感染する確率は低い傾向にあります。
写真は(左)首都の保健省、(中央・右 地方病院)です。

以前、他社で見積もりをとったことがあります。
アフリカ旅行はすっごくお金が高い!


弊社にご相談ください。
弊社はボツワナに在住する日本人が小規模で経営を行っているため、柔軟な対応が可能です。個人旅行を中心として、お客様のお財布事情に合わせたプランをご提案いたします。ツアー料金に関しては、モデルプランページ内の各目安料金をご参照下さい。

アフリカの現地語がわかりません!

ボツワナを旅行するなら英語で問題ないです。
通訳が必要な場合は同行(日本語)も可能です。
ボツワナの現地語であるツワナ語の他に公用語は英語となります。小学校中学年くらいから英語での授業となり、また、義務教育も行き届いているため、ほとんどの人は英語を流暢に話すことが出来ます。更に弊社では同行、通訳のサービスもご提供しておりますので、英語でのコミュニケーションが不安な場合はご相談ください。

アフリカゾウが人を殺すって本当ですか?

本当です。
2014年にはセルフドライブ(自分で運転するサファリ、ガイドがついていませんでした)の中国人2名がゾウに襲われ命を落とされています。ゾウの他にもバッファロー、カバ、ワニ、ライオン、チーター、ヒョウなど人気動物ほど危険なのがサファリです。弊社が手配するツアーはベテランのガイドをつけているのでご安心ください。ボツワナ人はとても穏やかで商売っ気が弱く動物へのリスペクトが強い傾向にあります。非常に慎重に動物と対峙し、無理に動物を刺激するようなガイドはしません。

アフリカでは予約が突然消えるって本当?!
フロントで驚愕「今日は満室です」の一言。


自力手配の旅行者には高確率でありえます。
ウェブサイトから予約をして確認もしていたのに、宿に到着してみたら「予約されてません」や「今日は満室です」の一言。そこから宿探しがスタートするのがアフリカでの旅行です。
いくら所得が高くても中身はアフリカ。マネージメントという言葉は存在しません。かなりの高確率、特に自力で宿を手配されている旅行者にはよくある事態です。ボツワナはほとんどの予約業務が代理店を通してなされているため、宿のスタッフは個別に来る電話やメール対応業務に慣れていません。総合ホテル検索サイトなどから予約をしても状況は同じで、サイトの大元が欧米でも現場の対応はアフリカです。また宿のみならず、サファリやゲームドライブなどのアクティビティも予約管理がなされておらず、いきなり「やっぱりできない」という事態がありえます。
アフリカの人々はメールやネットからのコンタクトより対面での対応を好むという要因も大きいのです。
弊社を通して頂ければ、このような事態は起こりにくくなる事と、また起きてしまった場合でも、現地での問題解決対応が可能となります。無駄な時間やストレスを感じられたくない方は、是非弊社をご利用下さい。

グリーン・ウォーク・トラベル(Green Walk Travel)はボツワナ共和国で日本人が経営するトラベル・エージェンシーです。
個人旅行の方にパッケージのプラン提案と手配を専門にしている会社です。ビジネスの方には出張、同行などを承っております。
お見積もり、お問い合わせは下記リンクのフォームよりお願いします。

個人旅行をご希望のお客様へ
弊社は、ボツワナを中心とした旅行プラン提案と手配を専門にしている会社です。ボツワナご旅行時に起こりえる事態や、移動にかかる時間、相場価格等を含め、現地日本語コーディネーターとお客様との対話により、一番ご希望に近いプランをご提案させて頂いております。
少しでもお客様にご満足頂ける内容のツアーをご提供させて頂くため、ご旅行予定日の3ヶ月前までを目安にご連絡ください。ご旅行予定日より1ヶ月以内のご相談はご遠慮させて頂く場合がございます。